あなたに合った入れ歯をご提案 ~入れ歯治療~

歯を失ってしまったときの機能回復のための治療法で最もポピュラーなのが入れ歯治療です。ただ、入れ歯(義歯)には「すぐ外れやすい」「あまりよく咬めない」「違和感がある」などのイメージがあるかもしれません。 しかし、入れ歯の不具合が生じるのには原因がありますので、原因を解決すれば快適に使用することができます。

入れ歯治療について

入れ歯治療について

入れ歯にはさまざまな種類があり、失ってしまった歯の本数を問わず治療が行えるというメリットがあります。歯を全部失ってしまった場合は、総義歯(総入れ歯)をつくり、歯が残っている場合は、残っている歯にバネ(クラスプ)などをかけて部分床義歯(部分入れ歯)をつくります。

入れ歯は、お口に合っていないと咬むたびに強く当たる部分が生じて痛むことがあります。また咬み合わせがずれていると、咬んだり話したりするたびに外れやすくなるのです。つまり、お口にぴったり合っていて、咬み合わせが整っていれば、快適に使うことができます。患者さんにあった入れ歯をご提案しますので、歯を失ってしまったら、そして現在使用中の入れ歯に不満がありましたら、お気軽にご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯

保険入れ歯と自費入れ歯

入れ歯には大きく分けて、保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯があります。保険診療の入れ歯は全国どこでも同じような治療が受けられ、費用も一部負担なので比較的安価です。保険診療の入れ歯は素材や作製方法に制限があるのに対し、自費診療の入れ歯にはさまざまな選択肢があります。そのため患者さんの「こだわり」を実現することも可能です。それぞれの入れ歯にはメリット・デメリットがありますので、特徴をご理解いただき、ご予算やご要望に合わせた入れ歯を選ぶことが大切です。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
コンポジットレジン(歯科用プラスチック)でつくります。部分入れ歯の場合は、金属のバネ(クラスプ)をつけます。 さまざまな素材や作製方法の中から、症状やご要望に合わせた入れ歯を選択することができます。

【メリット】

  • 費用が比較的安価です
  • 比較的短期間で治療期間ができます
  • 修理や調整が比較的簡単です

【メリット】

  • より自然な見た目に仕上げられます
  • 食べ物の温度が伝わりやすい素材を選べます
  • 違和感を減らし、装着感をよくすることが可能です
  • 耐久性が高く長持ちする素材を選べます

【デメリット】

  • 見た目が自費診療の入れ歯に劣ります
  • 厚みがあるので装着時に違和感があります
  • 食べ物の温度が伝わりにくい素材です
  • 衝撃に弱く壊れやすい素材です

【デメリット】

  • 費用が比較的高めです

入れ歯治療メニュー

レジン床義歯

レジン床義歯

レジンでつくる保険診療の入れ歯です。部分入れ歯の場合はバネ(クラスプ)をつけます。比較的安価に、比較的短期間に失った歯の機能を補うことができます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

入れ歯の裏側をやわらかい生体用シリコンで覆った自費診療の入れ歯です。シリコンがクッションの役割をするので、強くグッと咬みしめることができます。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに当たる部分の一部を金属でつくる自費診療の入れ歯です。金属はチタンやコバルトクロム合金などが選択可能です。薄くつくれるので違和感が少なく、食べ物の温度も感じやすいので食を楽しむことができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

特殊な素材を使用した自費診療の部分入れ歯です。弾力性の高い素材で歯ぐきにフィットするので金属のバネが不要です。バネがないので見た目が自然で金属アレルギーの心配もありません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

お口の中に歯根が残っている場合、そこに磁性金属のキャップを被せ、入れ歯には磁石を埋め込み磁力で固定する自費診療の入れ歯です。安定感があり、しっかり固定します。固定装置が見えないので見た目も自然です。

24時間受付中!Web診療予約はこちら